横浜のきもの着付教室「横浜美装きもの学院」です。季節に応じて様々なイベントを催しています。せっかく着付けを習っても着て行くところがない、という方も学院の行事に参加して、着物を着て出掛けましょう。
by yokohamabiso

七五三
本来11月15日が七五三のお祝いの日ですが、近ごろは、お家の事情により、早くから都合のいい日を選んで皆さんおこないます。  なので、着付けの練習も早くから始めています。
 3歳は「髪置き」   5歳は「袴着」  7歳は「帯解き」と呼ばれ、子供の成長を祝います。
e0243649_15485953.jpge0243649_15461840.jpg
[PR]
# by yokohamabiso | 2013-10-07 15:53 | 授業の様子
ゆかた着付けのお客様です
先日、ゆかたの着付けをさせていただきましたお客様をご紹介いたします。
とても素敵なお二人でしたので、 画像で残したおきたくて・・・
お二人とも快く承知してくださいました。ありがとうございます。
 e0243649_17261233.jpg


   まだまだ浴衣のお着付けのご予約を承ります。
  おひとりでも、お友達と一緒でも、 彼と一緒でも。
  ご連絡お待ちしております。 (日・祝以外)  1000円です。
  詳しくは お問い合わせ願います。
[PR]
# by yokohamabiso | 2013-08-06 17:31 | お知らせ
博多織
博多といえば、 私たち着物愛好家としては『博多織』ですね。
 今年で博多織が誕生してから 772年になるそうです。
 博多献上の模様は仏具の「華皿と独鈷との結合模様」 と 中間に縞を配したものですね。
その華皿と独鈷の写真を撮ってきましたので、見てください。
e0243649_14402495.jpg


 花を散布するのに用いられる器です。  華皿を図案化して模様としました。
e0243649_14403473.jpg













真言宗では、煩悩を破砕し、菩薩心を表す金属製の仏具であり、修法に用いられます。
細長く手に握れるほどの大きさで、中程がくびれ、両端がとがっています。





縞は 『両子持』・・・孝行縞    と 『中子持』・・・親子縞 が使われています。

では、授業の時に縞や 華皿の柄 独鈷の柄がどれにあたるのか、確かめてみてください。
[PR]
# by yokohamabiso | 2013-07-16 15:04 | お知らせ